2018年05月28日更新

矯正歯科で歯の隙間を埋めることができる

日本人の口元は非常に問題を抱えていると言わざるを得ません。
虫歯や歯周病といった疾患に悩む人が非常に多い傾向にあります。
こうした疾患に陥ると、早い段階で入れ歯や差し歯の必要があるのです。
虫歯疾患や歯周病の根本的な原因の一つとして叢生を挙げることができます。

叢生とは八重歯や出っ歯など歪な形で生えている歯を指します。
こうした歪な歯並びになるのは日本人の食生活が大きく影響しています。
近年日本人の食生活が欧米化に傾倒して、ほとんど固い食材を咀嚼しなくなってしまいました。
そのことで顎が正常に発達しなくなり、歯がきれいに顎におさまらず出っ歯や八重歯になってしまうのです。

また歯周病で歯茎が痩せてしまいブラックトライアングルが目立つすきっ歯になる人も非常に多くなっています。
ブラックトライアングルの隙間があると、非常に口元が下品になり、貧相な印象を与える様になります。
このような隙間や、すきっ歯は簡単に治療することができるのです。
八重歯やすきっ歯、ブラックトライアングルなど見た目の悪さや歯並びにコンプレックスを抱えているのであれば矯正歯科クリニックに相談してみるとよいでしょう。
程度の軽いものであれば抜歯することなく簡単に治療することが可能です。
ブラックトライアングルや程度の小さいすきっ歯であれば歯の間を少し削って圧力をかけて移動するだけで隙間がなくなり、きれいに治療することができるのです。
こうした治療は部分矯正でも十分可能で治療期間は数か月で済みます。

また程度の重い出っ歯、八重歯でも悲観することはありません。
矯正歯科クリニックで適切な治療を受ければ誰もが羨むきれいな歯並びを手に入れることができます。
矯正歯科クリニックでは歯の表面にワイヤーやブラケットという装置をつけて、歯に微弱な圧力を加えて歯を動かしていきます。
程度が重い場合は治療期間は数年を要します。

矯正歯科治療は治療期間が長いだけに、自分の納得した治療法と歯科クリニックで治療することが大事です。
どの歯科クリニックを選択すべきか非常に困惑してしまいますが、初診のカウンセリングで親身に相談に応じてくれたり、その人のライフスタイルや性格特性をよく考慮したうえで最適の治療法を提案してくれる良心的なクリニックを選択し治療することが大事です。
また過去の症例や実績を沢山見せてもらい、自分の納得いく技術を有している歯科医であるかを見極めて治療を開始することが大事です。

あわせて読みたい記事